ペットを亡くされた方へ・・・
一緒に暮らした大切な命。
無償の愛を教えてくれたあの子。
老若男女、誰でも深い喪失感をもつのはあたりまえのことです。
別れを悲しむことは決して恥ずかしいことではありません。
悲しいときは大いに悲しむことが大切です。
それが重いペットロスにならないための唯一の方法です。
ペットの葬儀、ご供養の方法にこうしなくては
いけないという決まりありません。
あなたにできる範囲で心のこもったご供養をしながら
ゆっくりと自分のペースで立ち直ることにしましょう。
イタリアのムッソリーニや夏目漱石などの気荒な軍人や文人も
ペットとの別れの悲しみから立ち直るのに数年かかったそうです。
 
「動物霊園 on internet」には辛い悲しみを共感できる仲間が大勢います。
まず、あなたの素直な気持ちとペットとの思い出などをWEB上に表現してみましょう。
しばらくすると新しい仲間が入ってきます。 優しい気持ちで迎え入れてあげてください。